「事上磨錬」とは…?

こんにちは! 桜花塾 塾長の山本です!

今日は「事上磨錬(じじょうまれん)」という言葉をご紹介します。

事上磨錬(じじょうまれん)

練習ではなく、実践を通して、自分の技術や学識を磨き、向上すること。またそうした修練方法をいう。

goo辞書 より

これは中国明の時代、王陽明(おうようめい)が学問の修養について述べたもので、本当の学びというのは、日常での行動から離れた思索だけで得られるものではなく、日々の生活や行動を通して修養するものであるということです。

 

勉強となると、どうしても机に向かってノートとペンを使い、学んでいくことが多いと思います。しかし、実際にそれを自分のものにしていくには、日々の生活での実践やアウトプットがとても大切です。

特に、桜花塾での「社会を生き抜く力を育てる」ための総合学習では、教室での対話やワークだけではなく、そこでの学びを持ち帰り、日々の生活の中で実践していくところまでお伝えしています!

 

例えば「プラス思考」についてのワークを教室でした場合、日常生活の中でも何か出来事が起きた時に、それをそのまますぐに受けてしまうのではなく、一度自分の中で多面的に捉えなおして考え、それを次回の授業のときにまたお話してもらうということもしています。

このように、日々の生活の中で行動し、実践していくことで、より確かな力として身につけてもらいます。

 

また、このように初めからアウトプットすることを意識した上での学びは、その内容の定着率が28%が上がるという研究もあります。

ぜひ日々の学びの中に実践するという意識、「事上磨錬」の意識を取り入れてみて下さい😁

 

桜花塾とは…

「個性を生かして社会を生き抜く力を育てる」

岡山市にある個別指導の学習塾

 

 

受験対応も含めた5教科の勉強と、VUCA時代に必要な力を個性にあわせて育てていきます。

気になる方は、ぜひ足を運んでみてください✨

 

桜花塾では無料体験も実施中です☆

お問い合わせはこちら!

T E L          :090-7133-6457

ア ク セ ス   :岡山市北区厚生町3丁目3-4

Follow me!